保湿からクレンジングまで、役に立つ「乳液」

乳液活用

スキンケアといえば、重要なのは「保湿」でしょう。肌の潤いを保つことはスキンケアの基本です。保湿といえば化粧水ですが、化粧水の効果を高めるためにも、そしてさらに肌の調子を整えるためにも役に立つのが「乳液」です。

 

【化粧水のあとに乳液をつけて保湿効果を高める】

乳液の使い方の基本は、化粧水のあとに肌にのせる使用法です。化粧水の後に乳液をつけることにより、うるおいを肌に閉じ込めることができます。

べたつくからと乳液を使用しないという話をたまに聞きますが、乳液をつけて肌を保護しないと、化粧水の潤いが肌から逃げてしまいます。乳液を使用しないと、肌が余計に乾燥してしまうことにもなりかねません。化粧水の後は乳液をしっかりつけて、お肌にうるおいを閉じ込めましょう

 

【乳液で肌のマッサージ】

お肌の血行をよくするために、マッサージをする方も多いでしょう。クレンジングや洗顔の時にお風呂でマッサージをする方法もありますが、あまりおすすめできません。クレンジングや洗顔フォームをつけている時間が長くなると、お肌の潤いを保つために必要な皮脂が失われすぎてしまう可能性があるからです。

また、なにもつけずにお肌のマッサージをすると、摩擦によって角質層が傷ついてしまう場合があります。お肌のマッサージをするときには、乳液をつけて優しくマッサージする方法がおすすめです。乳液をつけることによって、マッサージをするときの肌の負担が軽くなります。また、乳液のうるおい成分が肌に浸透しツヤ感もアップするでしょう。

 

【乳液でクレンジング】

以前、乳液をクレンジング代わりに使用するのが流行ったことがありました。クレンジングの代わりに乳液を使用する方法は、特に乾燥肌の方にはおすすめです。乳液の成分がメイクの油分となじみ、きれいにメイクを落としてくれます。

クレンジングと異なり、乳液は肌に優しいので、余計な皮脂まで落としてしまうようなことがありません。乳液を使用すれば、お肌の潤いを保ちながら、きれいにメイクを落とすことができます。肌の調子を見ながら、クレンジングと組み合わせて乳液を使用するのもおすすめです。

スキンケアの基本は保湿ですが、保湿効果を高めるためにも乳液はとても有益です。乳液には、その潤い成分によって、化粧水の成分を肌に閉じ込める蓋の役割を果たします。そのほかにも、マッサージクリームやクレンジングとして使用することもできます。乳液を上手に活用し、スキンケアに役立てていきましょう。